近島国際特許事務所 Chikashima & Associates

あなたに、より近く。発明を、より強く。

お問い合わせ Contact

JAPANESEENGLISH

採用情報 - Recruit

業務多忙・事業拡大の為、現在人員を募集しております。

[仕事の内容]
特許明細書及び中間書類の作成。
<具体的には>
当事務所は機械・電気関係のクライアントが多いため、機械・電気関係の特許明細書及び中間書類の作成がメインとなります。
[資格]
高専、理工系大卒以上、英語のできる方、35歳位迄(特に機械・電気・メカトロニクス専攻の方歓迎)
※弁理士、外国特許実務経験者は優遇

<具体的には>
※機械、電気、メカトロニクス関連の開発や特許実務の経験者
※特に事務機器、自動車、ロボット技術に興味のある方

※経験の浅い方には親切・丁寧に指導致しますが、一人前と判断された方には自由に自分の遣り方で仕事をして頂きます。当事務所は各自が仕事のしやすいように支援致しますので、時間、場所等にあまり拘束されることなく自覚及び責任の下で効率よく仕事をして頂くと共に、自身のブラッシュアップ及び趣味等とのバランスをとって働いて頂きたいと思います。
[勤務地]
〒105-0014 東京都港区芝1-4-3 SANKI芝金杉橋ビル6F
[勤務時間]
フレックスタイム制 コアタイム10:00~16:00(標準勤務時間帯9:00~17:30)標準労働時間7.5h
[給与]
当事務所規程により優遇致します。
※経験・前給を考慮し、決定致します。
※2年目以降は実績を考慮し決定致します。
※試用期間あり。
[福利厚生]
交通費全額支給、社会保険完備、退職金制度、所員旅行(年度実績により異なる)、各地保養所
[休日・休暇]
完全週休2日制(土日)、祝日、年末年始休暇、夏期休暇、有給休暇、慶弔休暇、
弁理士試験特別休暇(1次:試験前1週間、2次:試験前2週間)
[選考プロセス]
(1)書類選考を行い、通過者には面接日をご連絡致します。
(2)面接では、主に今までの経験をお伺い致します。リラックスした雰囲気ですので、安心してお越し下さい(簡単な筆記試験あり)。
(3)合否結果をご連絡致します。
※面接では、あなたの転職が不利にならない様に、入社時期や待遇面等についても、じっくりと、話し合いたいと考えています。
[応募方法]
履歴書(写真貼付)及び職務経歴書を郵送又はEメールにて弊所(上記住所又は下記メールアドレス)までお送り下さい。
※面接日は相談に応じます。
※応募の秘密厳守します。
※お問合せは、お気軽にお電話又はEメールでどうぞ。
( TEL:03-5443-7651 Eメール:chika-pat-hp@chika-pat.com
担当:近島茂・江崎

社員紹介 - Member

江崎泰裕01

あの頃の悪戦苦闘の日々が、いまの糧になっている。 江崎泰裕

 父親が特許事務所で働いていたこともあり、子どもの頃からこの業界で働いてみたいという想いがありました。新卒で入所して約15年になりますが、例えば自動車分野に纏わる権利の取得やアミューズメント分野の表現技術の特許など、これまでに様々な業界のお客様を担当させていただいております。そのなかでクライアントの知的財産部と対等に渡り合い、期待以上の価値を提供しなくてはなりません。大学で専門的に勉強していた訳ではなかったため、入所後すぐは悪戦苦闘の日々が続きましたね。右も左も分からかったので、当時は特許クレームを書いては指摘され、何度も何度も書き直しては怒られたことを今でも覚えています。18:00までに仕事を終わらせて、その後はひたすら事例を読み込む。仕事と勉強を同時に進める、そんな凝縮された数年間でしたね。幅広い分野に触れたことで、一つの物事を見るときに様々な角度から俯瞰して検証できる“視野の広さ”が身についたと思います。

江崎泰裕02

大きすぎることも小さすぎることもない結束力が、当社の強み。

 この仕事には深い思考に加えて、高い想像力が求められます。場合によっては「発明」は、文章となんとなくのイメージ図があるだけのことがあります。発明者に直接ヒアリングし、図面がそもそもない場合は、ときに手書きでイメージを描きながら、実際の製品をイメージして特許クレームに落とし込んでいきます。当たり前のことですが、新しい特許には必ず新しい「発明」があります。まだ世の中に知られていない技術やアイデアに触れることができるのは、この仕事の特権ですね。そのなかで近島国際特許事務所の強みは、事務所として“中規模”であることだと思います。大きな事務所のように人間関係が希薄ではなく、1件1件に対する所内での打ち合わせや相談もできています。反対に、小さな事務所のように、個人の思い込みだけで業務は進まず、他者のチェックが必ず働いています。大規模と小規模の事務所のメリットを兼ね備えていることが当事務所の最大の強みです。

社員紹介 - Member

大田隆史01

自由な環境で、お客様と真摯に向き合える醍醐味。 大田隆史

 理系出身なのですが「技術」だけではなく、法律にも興味があり、頭を使って文章を書くことも好きだったので、すべての要素が集約されたのがこの業界でした。前職も別の特許事務所でしたが、社内の制約が多く、より自由な環境で働きたいと思い転職を決めました。当事務所の特徴は、所員一人ひとりに任せる裁量が大きいことです。もちろんクオリティを担保するための所内チェック等はありますが、基本的な仕事の進め方は全て自分の好きなようにできます。そのなかで転職前と比べると、お客様と直接会う機会が増えましたね。少しでも精度の高い特許を取るために、月に一度は発明者のもとに話を伺いに行くなど、よりお客様と近い距離感で仕事ができている実感があります。その姿勢を評価していただいて、お客様から自分宛に直接指名が入ることも増えました。自由の大きさと比例して、その分責任も大きくなりますが、重責ある仕事をお客様と伴走しながら進めていけることに日々やりがいを感じています。

大田隆史02

お客様と切瑳琢磨しながら、夢を実現していきたい。

現在私のメインクライアントとなっている大手電機メーカー様。そのお客様の知的財産部は、特許の世界でも進んでいると言われています。さらには、そのお客様には世界一の知的財産部になるというビジョンがあります。日々のやりとりのなかでお客様から学ぶことも多く、お互いが切瑳琢磨しながら、そのビジョンの達成の一翼を担うことができればと思っています。お客様の要求に応えるのは当然ですが、応えることだけに注力し過ぎると処理能力が落ちる。反対に業務スピードを意識しすぎると、品質が落ちる。そのバランスを常に頭に置くことが重要であり、日々心掛けていることでもあります。私のように中途で入所する人には“柔軟性”が求められます。それぞれの事務所で方針や仕事の進め方が違ったり、社内の雰囲気も大きく異なります。皆さんが入所されるときには、少しでも早く環境に慣れていただけるように最大限ご協力致しますので、必要以上に心配せずに応募してきてくださいね。

page top